夏服コーデメンズファッション。ダサいを克服できる方法を教えます

2016夏服コーデメンズファッションを見てみる

 

 

夏服コーデメンズファッションで女の子と会うとなれば「今日は勝負!」な日。もし雨だったら…事前に用意していたコーデがミスマッチになることもありますよね。小雨ならまだしも、土砂降りとなれば、それなりの雨対策も考えなければいけません。雨でも快適でしかもお洒落!な夏服コーデメンズファッションをマスターしておけば、突然大事な日が大雨でも安心です。まず用意しておきたいのがレインブーツ。普通の雨なら防水スプレーをかけた靴でOKでしょうが、「それじゃずぶ濡れ!」な場合、やはりレインブーツだと安心です。持っておきたいのが、サイドゴアブーツタイプのレインブーツ。サイドゴアブーツといえばトレンドのブーツでおなじみなので、夏服コーデメンズファッションにおいては、かっこよさはお墨付きです。色はもちろん黒をチョイス。雨がはねかえっても安心なように、パンツの丈はアンクル丈、ハーフ丈、また、トレンドのガウチョパンツでもいいでしょう。

 

また、ブーツにパンツはインしないほうがお洒落です。どうしても長い場合はロールアップしちゃって夏服コーデメンズファッションを演出してください。ブーツにパンツをインしちゃうとバランス的にちょっとかっこ悪いです。また、黒のレインブーツが浮かない、目立たないように、全身をモノトーンですっきりとしたコーデがおすすめ。白Tシャツなどを着れば暗く見えません。あるいは、視線を上にあげるために、カラフルなアウターやTシャツを選んでみてもいいですよ。あるいは柄物でもOKです。土砂降りの場合、ロングレインブーツじゃないとボトムスが濡れるということもあるでしょう。その場合、夏なのでハーフパンツ(短パン)をあわせてあげてください。この場合、ボトムスと靴は黒で統一して、長めのロングアウターをはおると、「短パン×長靴」の「雨対策感」が薄れます。夏らしい色柄のバケットハットなんかをかぶっても夏服コーデメンズファッションとしては最上級にお洒落ですね。雨をあえて楽しむ気持ちで雨コーデをくんでみてくださいね。

 

 

女子ウケする今年のトレンド服を見てみる